管理人が気になった色んな情報をまとめています。

リキュラ – 暮らしを彩るライフキュレーションサイト

離婚後子供が不安定に!?親の離婚で与える影響について

   

離婚後子供が不安定に!?親の離婚で与える影響について

両親の離婚後、心理的に与える影響は大きく子供が不安定になってしまうようです。

しかし、離婚した家庭の子供がすべて不安定になるわけではありません。

では一体どのような状況が子供に影響を与えてしまうのでしょうか。子供の幸せを一番に考えて対応を考えましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

理系女子の職業で人気が高いのはどんな仕事?

理系女子はどんな職業に就いていて、どんな職業が人気なんでしょ...

部活の後輩を彼女にしたい! 部活内恋愛に必要な心構えとは


学生時代、クラスメイト以上に深く付き合う部活の面...

婚姻届を提出しに行ったら戸籍謄本を忘れた!どうする?

今日は二人の記念日と、決めた日付で婚姻届を提出。

精神的に不安定な彼女との恋愛は危険が一杯!


少し影のある女性に惹かれる男性は少なからず存在し...

仕事とプライベート、あなたはキッチリ分ける人?

仕事は仕事、プライベートはプライベート。

婚姻届の手続きは判らない事が一杯。戸籍謄本や除籍って何?

婚姻届を提出したら二人は夫婦になる。

仕事にプライベート、優先度が高いのはどっち?

社会人はどうしても仕事とプライベートの両立が難しく、仕事に傾...

休日に仕事のメール、これで楽しい休日も台無しに…

24時間働けますか?

今やモバイル...

職場の後輩がストレス! 悩まなくてすむ先輩としての心構え


日常のほとんどを過ごす職場に気が合わない後輩がい...

既婚男性が私を食事に誘う…、行くべき?止めるべき?

職場の既婚男性か食事に誘う心理とは?

既婚男性から食事に誘われたけど、これってどういう意味?

職場の感じのいい人だけど、既婚者。そんな人から食事に誘われた...

彼氏と夜中に電話したがる彼女にどんな対応をしますか

眠れないのか、寂しいのか、夜中に彼女から電話がかかってくる。...

仕事での能力不足を改善したい!辛い立場を克服できる方法

仕事がはかどらない、残業ばかりしている・・・
...

生理前の彼女は精神が不安定! 彼氏として知っておきたいPMS


女性は男性に比べて感情的だと言われますが、

職場の後輩と恋愛したい… 効果的な接し方のポイントは?


一日の大半、言い換えれば人生で多くの時間を過ごす...

赤ちゃんの性別が判明する時期はいつ?性別に関するあれこれ

妊娠して、悪阻も落ち着いてきたころ、気になるのは赤ちゃんの性...

既婚者との恋愛!既婚女性を好きになってしまった時の心得

既婚女性を好きになってしまった男性も少なくないと思います。 ...

恋愛に失敗する原因?めんどくさい彼氏だと思われてしまう行動

いつも最初はラブラブなのに、だんだんと彼女が冷たくなってきた...

職場で後輩から好意を寄せられたら〜あなたならどうする?

職場の後輩が何かしら話しかけてきたり、

大学の授業時間〜90分は長い?短い?あなたはどう思う?

大学に入学して講義を受けると、90分の授業時間が長く感じませ...

スポンサーリンク

離婚が子供に及ぼす影響は?

離婚が及ぼす子供への影響(制度・心理)としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

①片親(親権者または監護者)とだけ暮らすようになる
②母親が親権者だと姓が変わることがある
③扶養料の不払いがあると経済的に困窮する
④小・中・高校生だと転校もある
⑤心理的に多大な影響を与える

離婚にあたっては、上記のような子供への影響を十分に考慮しなければなりません。

まず、制度等についてご説明いたします。
離婚にあたっては、離婚と同時に必ず未成年者の親権者を指定しなければならず、親権者を指定しない協議離婚届は受理されません。したがって、離婚に双方が同意していたとしても、親権者が決まらない限りは離婚が成立することはありません。
そして親権者が決まれば、一般的には子供は親権者とだけ暮らし始めることになります。面接交渉が実行されていなければ、もう片方の親と会うことは出来なくなるかもしれません。

このとき、母親が親権者であった場合は、母方の姓に改める場合があり、子供にとっては自分の苗字が変わることになります。さらに、引越しが必要な場合は、現在通っている学校から転校する必要もあるでしょう。
また、母子家庭・父子家庭で生活していくにあたって、十分な養育費が確保できるかどうかは子供の成長にとって重要な要素となります。子供のことを考えるのであれば、離婚前に十分な見通しを立てる必要があるといえるでしょう。

引用元-離婚と子供の問題 | 滋賀県彦根市の債務整理・過払い金返還・を徹底サポート!おうみ@法務事務所/債務整理・相続・離婚・会社設立

離婚後子供は不安定になる!?心理的な悪影響

アメリカの心理学者ジュディス・ウォーラースタインは、親が離婚した子供を長期に追跡調査して、子供達は大きな精神的な打撃を受けていることを見出しました。子供達は、両方の親から見捨てられる不安を持ち、学業成績が悪く、成人してからの社会的地位も低く、自分の結婚も失敗に終わりやすいなどの影響がありました。

また、親が離婚した子供は、精神的トラブルを抱えることを示す他の研究もあります。バージニア大学のヘザーリントン教授は、研究を行って次のように述べました。「両親がそろっている子どものうち、精神的に問題が無い子どもは90%であり、治療を要するような精神的なトラブルを抱えている子どもは10%であるのに対して、両親が離婚した子どもでは、それぞれ75%と25%である。」(1993年)

またペンシルベニア州立大学ポール・アマト教授によれば、安定的な結婚を1980年の水準まで上昇させれば、停学になる子供を50万人、非行・暴力行為に走る子供を20万人、喫煙する子供を25万人、心理療法を受ける子供を25万人、自殺志向の子供を8万人、自殺未遂の子供を2万5千人、それぞれ減らせるとしています。

そのほか昨今の日本の研究では、離婚によって親との接触時間が極端に少なくなる、環境の変化によるストレスや集中力低下のため成績が下がる、情緒不安定を引き起こす、さらに、ひきこもりや不登校、深刻な抑うつ状態などの非社会的な不適応行為、金品持ち出し、無断外泊、不純異性交遊などの反社会的な不適応行為などに陥るケースも指摘されているようです。

引用元-離婚その悲惨な結果(4)-子供に対する悪影響|ヨハネのブログ

親の離婚を経験した子供の意見

「離婚の理由はどうでもよい。親が子に対してどう責任をとってくれるのか伝えてほしい」(離婚時6歳,現在48歳)
「家族だから分かるはず,という思いこみは捨てて,親がどんなことを考えていてどうしたいのか,子どもが何を考えているのか話し合ってほしい」(離婚時11歳,現在23歳)
「子どもの生活に影響を及ぼさないように離婚する時期を考え,その事情を分かりやすく説明してほしい」(離婚時15歳,現在17歳)
「どうして離婚したいかをきちんと説明してほしい。離婚後の住む場所や環境がどのように変わるのかを説明して安心させてほしい」 (離婚時19歳,現在21歳)
 親が十分説明してくれたと感じている人からは,次のような意見が出ています。
「4歳の子にも離婚の理由を説明してくれた。子どもだからという理由で説明がなかったことはない。悩まずにすんでいる」(離婚時4歳,現在21歳)
 子どもの立場からすれば,親は離婚するに当たって,子どもが理解できるような説明を求められており,「子どもが小さいから説明をしなくてもよい」という考えは受け入れられないのです。

引用元-離婚した親と子どもの声を聴く

離婚後子供が不安定にならない為に!年齢別対処法

乳幼児期(0歳〜2歳くらいまで)母親の愛情が必要です

離婚を決めるなら子供が赤ちゃんのうちにして、父親の記憶が残らない方が良い、と考える母親も少なくありません。 父親の過失により、やむを得ない理由で離婚するなら、そう考えるのも仕方のないことです。

注意しなくてはいけないのは、幼児期に母親の愛情がたっぷり与えられないと、子供は心が落ち着かず、いつも不安な状態になってしまうと言うこと。 経済的な事情で働くことは仕方ないとして、仕事以外の時間はできるだけ赤ちゃんと一緒に過ごし、愛情を注ぐようにしましょう。

幼児期(2,3歳〜6歳くらいまで)は父親を欲しがる事も多い時期

この時期の子供は自我が確立し、自分と他人がわかるようになり、お友達にはお父さんという存在がいることに気付きます。 そのため「お父さんが欲しい」「お父さんはどこ?」とストレートに質問してくることがあります。
そのような場合、適当な嘘をつくことで、子供を余計に傷つけてしまうことがありますので、十分注意しましょう。

引用元-子供の為に離婚!?年代別父親がいない子供の気持ちと影響度 – マーミー

学童期(6歳〜12歳くらいまで)は会話を増やして

子供同士でも、「あそこの家は離婚したからママだけ」など理解し、その上で友人としてつきあうようになる時期でもあります。 どの時期で親が離婚したとしても、片親が父親でも母親でも、きちんと親の愛情が自分に向いているとわかっていれば子供は親を憎んだりはしないものです。 また、愛されて育った子供なら自分に自信がありますから、友人の中に自分に対して偏見を持って見る子がいれば、ちゃんと避けるようにもなります。

小学生の不登校や問題児になるなど心配してしまいますが、必ずしも片親だからといってなるわけではありません。 卑屈にならず、堂々と愛情をかけて育てていけばいいのです。

引用元-子供の為に離婚!?年代別父親がいない子供の気持ちと影響度 – マーミー

離婚後子供が不安定にならない為のポイント

嘘をついてはいけない

離婚をする際は子供たちに嘘だけはついてはいけない。 「パパは死んだ」など嘘をついてしまうと嘘をついた親のことさえも信用できなくなってしまいます。親のことを信頼できない子供は自分にも自信が持てない子供になってしまいます。
 

悪口を言ってはいけない

夫婦と言えば元々他人です。ですが子供たちにとっては強くなかった両親であり夫婦が離婚をして赤の他人に戻っても子供にとっては2人ともかけがえのない存在です。子供たちがつながっている人間を悪く言っては、子供たちが思う印象さえも変えてしまいます。決して血のつながっている親のことを悪く言わないようにしましょう。

子供のせいにしない

離婚をするとなれば子供たちはある程度自分のせいではないだろうかと考えます。中には片親に捨てられたと感じる子供もいるでしょう。離婚することになっても決して子供たちのせいではないということ、いつまでも両親であることには変わりがないことをきちんと伝えましょう。
 

タイミングを考えろ

子供が成人するまで離婚できないという方もいらっしゃいます。それまでに離婚をする方でもある程度子供の年齢や性格で離婚のタイミングを考えましょう。小学1年生ともなれば大まかに離婚と言う意味を理解しています。小学生から中学生に変わるタイミングで離婚を切りだしてしまうと、子供の成長過程において影響はさらに大きいと考えましょう。
 

引用元-離婚した時の子供への影響とは?悪影響を対策しよう!

twitterの反応


https://twitter.com/fearmasashi/status/637417640714067969


https://twitter.com/ooonikujira/status/532316949779193857

関連記事はこちら

理系女子の職業で人気が高いのはどんな仕事?

理系女子はどんな職業に就いていて、どんな職業が人気なんでしょ...

部活の後輩を彼女にしたい! 部活内恋愛に必要な心構えとは


学生時代、クラスメイト以上に深く付き合う部活の面...

婚姻届を提出しに行ったら戸籍謄本を忘れた!どうする?

今日は二人の記念日と、決めた日付で婚姻届を提出。

精神的に不安定な彼女との恋愛は危険が一杯!


少し影のある女性に惹かれる男性は少なからず存在し...

仕事とプライベート、あなたはキッチリ分ける人?

仕事は仕事、プライベートはプライベート。

婚姻届の手続きは判らない事が一杯。戸籍謄本や除籍って何?

婚姻届を提出したら二人は夫婦になる。

仕事にプライベート、優先度が高いのはどっち?

社会人はどうしても仕事とプライベートの両立が難しく、仕事に傾...

休日に仕事のメール、これで楽しい休日も台無しに…

24時間働けますか?

今やモバイル...

職場の後輩がストレス! 悩まなくてすむ先輩としての心構え


日常のほとんどを過ごす職場に気が合わない後輩がい...

既婚男性が私を食事に誘う…、行くべき?止めるべき?

職場の既婚男性か食事に誘う心理とは?

既婚男性から食事に誘われたけど、これってどういう意味?

職場の感じのいい人だけど、既婚者。そんな人から食事に誘われた...

彼氏と夜中に電話したがる彼女にどんな対応をしますか

眠れないのか、寂しいのか、夜中に彼女から電話がかかってくる。...

仕事での能力不足を改善したい!辛い立場を克服できる方法

仕事がはかどらない、残業ばかりしている・・・
...

生理前の彼女は精神が不安定! 彼氏として知っておきたいPMS


女性は男性に比べて感情的だと言われますが、

職場の後輩と恋愛したい… 効果的な接し方のポイントは?


一日の大半、言い換えれば人生で多くの時間を過ごす...

赤ちゃんの性別が判明する時期はいつ?性別に関するあれこれ

妊娠して、悪阻も落ち着いてきたころ、気になるのは赤ちゃんの性...

既婚者との恋愛!既婚女性を好きになってしまった時の心得

既婚女性を好きになってしまった男性も少なくないと思います。 ...

恋愛に失敗する原因?めんどくさい彼氏だと思われてしまう行動

いつも最初はラブラブなのに、だんだんと彼女が冷たくなってきた...

職場で後輩から好意を寄せられたら〜あなたならどうする?

職場の後輩が何かしら話しかけてきたり、

大学の授業時間〜90分は長い?短い?あなたはどう思う?

大学に入学して講義を受けると、90分の授業時間が長く感じませ...

 - 育児・出産・子育て

ページ
上部へ